ゴルフ 飛距離 ドライバー

ドライバーの飛距離を伸ばすためのゴルフクラブ選び

楽しくゴルフを楽しむ上でドライバーの飛距離は大変重要な要素となります。そのためにこの飛距離を伸ばすための基礎知識は大変重要となりますので、ぜひ身に着けたいものなのであります。

 

ちなみに目安としたいドライバーの飛距離としましては少なくともキャリーで200ヤードオーバーを目指したいところですし、プロのように300ヤード近く打つことができたならば別次元のゴルフを楽しむことができるとされているのです。

 

そこでドライバーのパーツそれぞれに焦点を当てて検証してみたいのですが、中でもヘッド部分に関してフォーカスしてみます。昔は材質がパーシモンとなっていたドライバーのクラブヘッドなのですが、最近ではチタン合金製となっており大型化も顕著になっています。

 

このヘッド部分の大型化はスイートスポットの大型化と連動しておりますので、芯をはずしにくいメリットを有しているのであります。しかしながらスイング自体が理想形となっていない場合にはクラブ任せの雑なスイングが身についてしまう可能性もありますので注意しなければならないとされています。

 

それから次に重要な要素としましてはシャフト部分となるのですが、飛距離を伸ばす事だけにこだわるならばなるべく長尺シャフトを選択することが良いとされています。これは遠心力と関わる部分でもあるのですが、なるべく長尺のゴルフクラブを使用して理想的なスイングをすれば、ヘッドスピードがアップすることになりますので結果として飛距離がアップすることになるのです。

 

しかしながら長尺シャフトは取り扱いが難しく、正確なスイングを実行することは難易度が高いとされているのです。またシャフトの硬度も重要な要素であり、自分のスイングスピードにフィットしたクラブを選択することがスコアメイクにつながるとされているのです。

 

このシャフト部分に関しては素人判断が非常に難しいとされており、信頼のおけるゴルフショップで十分に相談しながら検討することが推奨されています。テーラーメイドやタイトリストおよびキャロウェイなどそれぞれのメーカーでは様々なタイプを発表していますので、ドライバーの飛距離に悩んでいる場合には思い切って新しいモデルを購入してみるのも良い方法であるとされているのです。

 

もちろんヘッド部分とシャフト部分の相性やゴルフクラブそのものの相性もありますので、自分にフィットしたドライバーをカスタムすることが飛距離アップには欠かせないことであるとされているのです。

 

今話題のシニア層に人気爆発の高反発ゴルフドライバーとは?