ゴルフ 50代 飛距離

50代からのゴルフは回転で飛距離を生み出せ!

50代を超えると、ゴルフのスコアは下降気味になっていきます。年齢とともに筋力は衰えていき、全盛期のような力任せのプレーはもはや出来ません。気ばかり若くても肉体がついてこないのは当たり前ですから、意識を切り替えて全く新しいプレースタイルを取り入れましょう。

 

ゴルフというスポーツはパワーが衰えたとしてもテクニックでカバーできるのが最大の特徴です。若手プレイヤーより良いスコアで回るシニアプレイヤーもたくさんいますから、上手に意識を切り替えて年齢相応のプレースタイルを習得してください。

 

ツアーステージのドライバーをいつまで使うの?今話題の飛距離が出るドライバーはこれ!

飛距離は回転で生み出す

50代でのゴルフは「回転」がポイントになります。パワーを活かしたゴルフでは力を込めてゴルフボールをひっぱたくようなイメージでショットするのが一般的ですが、50代にもなってそんなショットをしていても力不足でまともに飛ばせるはずがありません。ショットは力で飛ばすのではなく回転を利用して飛距離を生み出すものだというように認識を改めてください。

 

重要なポイントは、スイングで余計な力を入れないことです。今までのショットのようにスイングに力をこめてしまうと体がスムーズに回転せず、十分な飛距離を生み出すことができません。腕力頼みのスイングではなく、腰の回転を利用して全身の力を効率よくボールに伝えることを意識してください。

 

今までパワー頼みのショットを武器にしてきた方にとってはスイングの方向性が180度変わることになりますが、回転を武器にすることができれば筋力に頼らずに十分な飛距離を生み出すことができます。更に、手元でボールをコントロールしなくてもスイング全体で弾道を調節することができますから、より安定したティーショットが実現するでしょう。

最後まで振り切ることが大切

回転を重視したスイングで最も大切なポイントが、スイングを最後まで振り切ることです。パワーヒッティングでショットを打つ場合、インパクトの瞬間に最大限の力が生じるようなスイングが理想的ですが、回転重視のスイングでは最後の最後まで同じ意識でクラブを振らなくてはいけません。

 

きちんと最後までクラブを振り切ることでよりスムーズな回転でボールを打つことができますから、ボールを飛ばすことよりもスイングの一連の動作そのものをきちんとやり切ることが重要です。

 

最後まで振り切る意識でスイングをすると、クラブがブレることなく真っすぐにボールにヒットします。ゴルフボールを曲げることなくきれいなストレートボールが打てるようになりますから、ティーショットで確実にフェアウェイをキープしてセカンドショットもより楽に打てるようになるでしょう。

 

50代からでも飛距離が伸びるゴルフドライバーランキング